あおもり昆虫記

ヨツボシクサカゲロウ

ヨツボシクサカゲロウ(クサカゲロウ科)弘前市、9月中旬
青森市西南部の大釈迦地区で灯火採集をしたら飛来した。
昆虫学者の石井象二郎さんの観察によると、マタタビの塩漬けを夜、屋外に吊るしておいたところ、ヨツボシクサカゲロウの雄が数百匹もマタタビに集まって実をかじっていたという。
猫と同じ反応をする虫がいるとは、興味深い話だ。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME