あおもり昆虫記

ヤマトクサカゲロウ

ヤマトクサカゲロウ(クサカゲロウ科)岩木町、8月中旬
ヤマトクサカゲロウの幼虫はアブラムシ、コナジラミ、ハダニ類捕食する。
アブラムシは1年に複数回発生するので、殺虫剤の効き目が悪くなることが報告されている。
このため、天敵を利用してアブラムシを防除しようという動きもあり、それを調べている研究者もいる。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME