あおもり昆虫記

ムモンクサカゲロウ

ムモンクサカゲロウ(クサカゲロウ科)青森市、6月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
クサカゲロウは顔面にある斑紋の位置や数で種類を見分けるが、本種は全く無斑紋である。
ブナ帯など山地に多い種で、生きている時には体全体の緑色が他種より淡い。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME