あおもり昆虫記

シロタエヒメカゲロウ

シロタエヒメカゲロウ(ヒメカゲロウ科)青森市、6月中旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
やや大形の白い地色のヒメカゲロウ。
種名のdissimilis(似ていない)から、図鑑ではニセヒメカゲロウという情緒のない和名で紹介されたことがあるが、この種を新種として記載した人は“白妙”(しろたえ)という優美な和名を与えた。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME