あおもり昆虫記

コウスバカゲロウ

コウスバカゲロウ(ウスバカゲロウ科)青森市、8月上旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。
河川敷など、内陸の日当たりの良い砂地に巣穴を作るアリ地獄の成虫。
海浜にいるクロコウスバカゲロウとは中脚の脛が全体的に黒いことから、部分的に黄色くなるクロコウスバカゲロウと区別できる。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME