あおもり昆虫記

ホシウスバカゲロウ

ホシウスバカゲロウ(ウスバカゲロウ科)青森市、8月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。日本各地にいる普通種。
幼虫は大木の根際など、腐植質に富む所で、すり鉢状の穴をつくる。成虫は、市街地でも見られる。
羽に黒点が散らばって配置されていることから、この点を「星」(ホシ)に見立てたのだろうか。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME