あおもり昆虫記

チャバネヒメカゲロウ

チャバネヒメカゲロウ(ヒメカゲロウ科)つがる市=旧木造町、8月中旬
湿原付近で灯火採集をしたら飛来した。
羽を広げても18ミリしかない非常に小さなカゲロウ。
前羽が薄褐色を帯びていることから「茶羽」(チャバネ)の名がつけられたのだろうか。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME