あおもり昆虫記

キカマキリモドキ

キカマキリモドキ(カマキリモドキ科)碇ケ関村、8月下旬
山あいの常夜灯に飛来、翌日そのまま、ジュースの自動販売機の壁面に止まっていた。クサカゲロウとカマキリが合体したような、非常に奇妙な姿をしている。
体長は2センチほど。それにしても、“鎌”状態になっている前足を見るたび、カマキリとはまったく違うグループの虫なのに、なぜそっくりな形になったのだろう、と不思議な気持ちにさせられる。

ウスバカゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME