あおもり昆虫記

エグリトビケラ

エグリトビケラ(エグリトビケラ科)青森市、8月下旬
青森市東部の野内川上流で灯火採集をしたら飛来した。エグリトビケラ科の中では最も大型の種で、幼虫は浅い池沼にいて、水生植物や落ち葉を食べてくらしている。
前羽がえぐられた形になっていることから「エグリ」の名がついたとおもわれる。日本各地に分布する。

トビケラの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME