あおもり昆虫記

ムラサキトビケラ

>>昆虫記はこちら
ムラサキトビケラ(トビケラ科)青森市、6月中旬
トビケラの幼虫は水中で過ごすが、先祖はチョウやガと同じだといわれている。チョウやガは羽に鱗粉をまとっているが、トビケラの仲間は毛をまとっている。
このためトビケラの仲間は毛翅目と呼ばれている。ムラサキトビケラは、トビケラの中の最大種。
後羽の地色が紫色のため、その名がついた。

トビケラの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME