あおもり昆虫記

トワダカワゲラ

>>昆虫記はこちら
トワダカワゲラ(トワダカワゲラ科)青森市、8月上旬
原始的な形態を持ち、生きた化石とも言われている。
昭和の初めごろ、十和田湖周辺の小川で最初に発見されたためこの名がついた。
10度以下の冷たい水が湧いているような場所にすんでいる。

カワゲラの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME