あおもり昆虫記

モンカゲロウ

モンカゲロウ(モンカゲロウ科)青森市、6月中旬
雨の日、青森市郊外の小川の近くの葉裏に止まっているのを見つけた。羽化して間もない個体のようだ。
羽に紋があることから、モンカゲロウの名がついた。成虫ははかない命で、わすかな時間しか生きられない。
幼虫は川に生息し、イワナ釣りのえさとして知られている。

カゲロウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME