あおもり昆虫記

ケントビムシ

ケントビムシ(ツチトビムシ科)青森市、3月上旬
青森市西南部の梵珠山の麓の雪の上で見つけた。2ミリくらいの小さな虫。
近づくと、跳躍器を使って、ピンピン跳ねる。この種は跳躍器の先端近くに長い突起があるのが特徴で、これが和名の「剣」(ケン)の由来とおもわれる。

イシノミ・シミなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME