あおもり昆虫記

ベッコウハゴロモ

>>昆虫記はこちら
ベッコウハゴロモ(ベッコウハゴロモ)今別町、9月下旬
半透明の、体に比べ大きな羽を、天女が空を飛ぶために着たという羽衣に見立てた。しかし、この羽で飛ぶことはない。
後ろ足で、ピョ〜ンとジャンプする。小さな体の割にはかなり跳ねる。立ち幅跳びの名選手だ。

ウンカ・ハゴロモの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME