あおもり昆虫記

マダラハネナガウンカ

マダラハネナガウンカ(ハネナガウンカ科)青森市、9月中旬
里山の葉裏に、羽をバーッと広げて止まる。時折中開きにする。
ハネナガウンカの仲間共通の、体が小さく羽が大きいため、飛び方は弱々しく、飛び立ってもすぐ近くに止まる。専門家は「普通種だ」というが、自然の中で姿を見るのは難しい。

ウンカ・ハゴロモの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME