あおもり昆虫記

ヒメトビウンカ

ヒメトビウンカ(ウンカ科)青森市、9月上旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。水稲害虫となるウンカ類のひとつ。
セジロウンカやトビイロウンカが、海外からの飛来が発生の始まりなのに対し、本種は土着種で幼虫で越冬する。ただし近年、本種も長距離移動することもあることが知られるようになった。

ウンカ・ハゴロモの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME