あおもり昆虫記

ヒグラシ

>>昆虫記はこちら
ヒグラシ(セミ科)十和田市、7月下旬
「カナカナカナカナ…」。セミの中で最も日本情緒に訴える鳴き方をする。
しかも、鳴く時間は夕方が多い。「日暮し」そのもので、絶妙の命名だ。
朝に鳴いたり、薄暗ければ日中にも鳴く。1匹が鳴けば、周囲の仲間もつられて一緒に鳴く習性がある。

セミの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME