あおもり昆虫記

オオワラジカイガラムシ

オオワラジカイガラムシ(ワタフキカイガラムシ科)青森市、6月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。一見、ガのようにおもえたが、動き方がぎこちなく、カイガラムシの♂であることが、すぐ分かった。
本種のように下等なカイガラムシは、♀成虫でも自力移動可能だが、一般的なカイガラムシの♀は固着して動けないものが多い。カイガラムシの♂は♀とは似ても似つかない姿をしており、♀を訪ねて交尾する。

キジラミなどの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME