あおもり昆虫記

ミミズク

ミミズク(ヨコバイ科)碇ケ関村、10月中旬
なんとも変わった姿をしている虫だ。背の2つの突起を、フクロウの仲間のミミズク類の耳毛に見立てて「ミミズク」と名づけられたようだ。
頭部がアヒルのくちばしのように張り出しているのも面白い。体長は約1.5センチと大きい。
山あいの灯火に来る傾向にあるが、日中はなかなか探せない。写真は、山あいの常夜灯に飛来し、そのままじっとしているところを撮影した。

アワフキムシ・ヨコバイの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME