あおもり昆虫記

シロオビアワフキ

>>昆虫記はこちら
シロオビアワフキ(アワフキムシ科)十和田湖町、8月中旬
アワフキムシ(泡吹き虫)の仲間の中で一番多く見られる。ヤナギなどの汁を吸うといわれる。
幼虫は、ツバのような泡の中に身を潜め成長する。泡は、幼虫がおしっこを出すとき空気を混ぜてつくる。
その泡が集まって、ツバのように見える。この泡は多くの人たちが目にしているはずだが、成虫まで知っている人は少ない。

アワフキムシ・ヨコバイの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME