あおもり昆虫記

ツノゼミ

ツノゼミ(ツノゼミ科)碇ケ関村、9月中旬
名の通り、前胸の左右と後ろに3本の大きなトゲを持つ。日本全土の山地に生息するが、平地の公園などでも発生するという。
ヨモギ、ナナカマド、フジなど多くの植物に寄生するといわれている。写真の個体は、山あいの自動販売機の明かりに誘われて飛来したものを撮影したものだ。
体長は8−9ミリと小さいが、ツノゼミのなかでは大きい。愛くるしいペットのような昆虫だ。

アワフキムシ・ヨコバイの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME