あおもり昆虫記

オオゾウムシ

オオゾウムシ(オサゾウムシ科)東通村、6月上旬
日本のゾウムシ類の中で最大。夏にミズナラなどの樹液にも来るが、針葉樹から広葉樹までいろいろな種類の弱った木や倒木の樹皮下に卵を産みつける。
幼虫は枯れ木を食べて育つ。動きは非常に鈍い。
成虫になってからも3年以上の寿命があるともいわれている。

ゾウムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME