あおもり昆虫記

カツオゾウムシ

カツオゾウムシ(ゾウムシ科)青森市、6月上旬
タデ類に集まる。特にイタドリに多く、葉を食べる。
新鮮な個体は橙褐色の粉で覆われているが、粉はすぐに落ちて、黒い体色になる。カツオゾウムシという名は、鰹節の形、そして鰹節の表面の粉からきているのではないだろうか。
長い口吻で茎に穴をあけ産卵、幼虫は茎の内部を食べて成長、茎中で蛹になる。普通に見られる。

ゾウムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME