あおもり昆虫記

シロホシテントウ

シロホシテントウ(テントウムシ科)小泊村、6月下旬
里山の雑木林の葉の上に静かに止まっている姿を見かける。全部で12個の白い紋があるため、この名がついた。
羽の前から2−1−2−1の順序で紋が並ぶ。植物の葉の表面につく白いウドンコ病菌を食物にしている、といわれる。

テントウムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME