あおもり昆虫記

ジュウサンホシテントウ

ジュウサンホシテントウ(テントウムシ科)つがる市=旧木造町、8月中旬
湿原の近くで灯火採集をしたら飛来した。同時期、青森市東部の野内川上流で灯火採集をしたときも複数飛来した。
湿地性のテントウムシだ。大小13個の黒点があることから、この名がついた。
テントウムシといえば、多くが、まん丸い形をしているが、このジュウサンホシテントウは、ハムシのような、ひょろ長い“楕円型”をしており、テントウムシの仲間とはおもえない姿をしている。体長は6ミリ前後。

テントウムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME