あおもり昆虫記

カタモンホソコメツキ

カタモンホソコメツキ(コメツキムシ科)青森市、7月中旬
ホソツヤハダコメツキの名を使っている図鑑もある。
細身のコメツキムシで、羽の肩の部分の色が羽の色と微妙に違っており、これが“カタモン”(肩紋)の名になったとみられる。
青森県原産の種で、一般には少ないコメツキだが、青森市の森の中では7月中旬の短い時季、数が非常に多く見られる。

タマムシ・コメツキムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME