あおもり昆虫記

トビイロマルハナノミ

トビイロマルハナノミ(マルハナノミ科)つがる市=旧木造町、8月中旬
湿原の近くで灯火採集をしたら飛来した。体長が3ミリぐらいと小さい虫で、それが大量に飛来したため、灯火採集で使う白布は、まるで黒ゴマをまき散らしたように、この虫で埋め尽くされた。
幼虫は水中で暮らし、成虫は水辺で見られる。青森県内では普通に見られるが、個体によって色彩に変異が多い。
写真でも分かるように、後ろ足の太ももが、ずいぶん太く発達している。

その他のコウチュウ | あおもり昆虫記インデックス

HOME