あおもり昆虫記

アトオビコミズギワゴミムシ

アトオビコミズギワゴミムシ(オサムシ科)青森市、6月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。約3mmの小さなゴミムシ。
北海道、本州、四国、九州などに分布する。秋田県の甲虫研究者の尾崎俊寛さんは「青森県からは1例の記録しかないと思う。
青森県内では珍しいと思われる」としている。

オサムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME