あおもり昆虫記

メダカチビカワゴミムシ

メダカチビカワゴミムシ(オサムシ科)十和田市、4月上旬
全国の、平地でも山地でも普通に見られる、体長5ミリ以下の非常に小さなゴミムシ。
成虫は、木の皮の下や地中で越冬し、春早くから現れる。
写真の個体も越冬明けのものだ。目が飛び出ているから「メダカ(目高)」か?

オサムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME