あおもり昆虫記

ツヤハダクワガタ

ツヤハダクワガタ(クワガタムシ科)青森市、7月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。北海道、本州、四国、九州に分布、山地のブナ帯に生息する。
倒木や立ち枯れ木の表面にいることが多く、灯火にも飛来する。終齢幼虫は夏の終わりごろに蛹になり、秋に羽化する。
新成虫はそのまま朽ち木の中で、翌年まで休眠する。写真の個体は♀。
少なくとも青森県内での分布は局地的で、野外で成虫を見付けるのは難しい。

クワガタムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME