あおもり昆虫記

クロカミキリ

クロカミキリ(カミキリムシ科)五戸町、7月中旬
五戸町の里山で灯火採集をしたら多数飛来した。体がずんぐりむっくりで、触角も短いことから、すらりとしたカミキリムシのイメージからは、かけ離れている。
主に夜間活動し、全国に普通に分布するが、マツ林の衰退とともに都市近郊では近年やや少なくなりつつあるという。アカマツ、クロマツ、モミ、トウヒ、カラマツ、スギなどに寄生する。
7月中旬から下旬にかけて、青森市郊外で灯火採集をしても多数飛来する。

カミキリムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME