あおもり昆虫記

キクスイカミキリ

キクスイカミキリ(カミキリムシ科)青森市、6月中旬
よく知られたキクの害虫。キクに寄生するカミキリムシは、非常に珍しい。
成虫はキク茎の上部にかみきずを入れ、その間に産卵するので、それから上の部分は枯れてしまう。幼虫は、茎の髄部を食べて下降し、根の太い部分に入り蛹になる。秋には新成虫となり、そのまま越冬し、成虫が外界に姿を見せるのは翌春となる。

カミキリムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME