あおもり昆虫記

ヨツスジハナカミキリ

ヨツスジハナカミキリ(カミキリムシ科)岩木町、8月上旬
夏、シシウドなどの花で普通に見られるハナカミキリ。派手なデザインのため、よく目立つ。
雌はマツやスギの朽ち木に産卵し幼虫もそれらの材を食べて育つ。ハチかと思うほど活発に飛び回る。
ハチの姿を擬態している、という人もいる。飛ぶときは、後ろ足をピンと跳ね上げているのが面白い。

カミキリムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME