あおもり昆虫記

タテスジゴマフカミキリ

タテスジゴマフカミキリ(カミキリムシ科)青森市、9月下旬
梵珠山の登山道脇で見つけた。2本の触覚と後ろ足が欠損している。
体毛などに擦れはなく、新しい個体(成虫越冬する)と思われるため、鳥などに襲われたものとみられる。自然の厳しさを見るおもいがする。
このカミキリムシは、ブナなどの伐採枝に集まり、灯火にも飛来するが、個体数は多くない。北海道、本州、四国、九州などに分布する。

カミキリムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME