あおもり昆虫記

フタオビヒメハナカミキリ

フタオビヒメハナカミキリ(カミキリムシ科)十和田湖町、6月下旬
フタオビチビハナカミキリ、フタオビノミハナカミキリなどさまざまな名がついているが、「日本産カミキリムシ検索図説」(1992年、東海大学出版会)に基づき、フタオビヒメハナカミキリと表記した。
山地性のカミキリムシで、ブナ林の中のセリ科の花によく訪れる。
非常に小さなカミキリムシで、初めて見た人は、これがカミキリムシだとは思わないだろう。

カミキリムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME