あおもり昆虫記

クロマドボタル

クロマドボタル(ホタル科)青森市、7月上旬
クロマド(黒窓)の「窓」というのは、前の胸の背にある、一対の透明な三日月状の窓の部分のことをいう。このホタルは、頭が引っ込んでいるため、この窓が、“のぞき穴”になっているのだろうか。
山地で昼間活動するホタルで、一応尾端に小さな発光器が付いている。初夏、森の中でよく見かける。

ホタルの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME