あおもり昆虫記

ベニボタル

ベニボタル(ベニボタル科)車力村、7月下旬
夏、里山の花の上でよく見かける。動きが鈍い虫だ。
体に毒素を持ち、鳥が嫌がる、といわれている。ホタルに近いなかまで赤い色をしたものが多いというだけで、ベニボタルという名前がついた。
発光器を持たないため光ることはない。幼虫はへん平で細長く、ホタルの幼虫に似ている。
幼虫は朽木などに住み他の虫を食べて育つ。

ホタルの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME