あおもり昆虫記

ムナグロホソアリモドキ

ムナグロホソアリモドキ(アリモドキ科)青森市、7月上旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら飛来した。本州、四国、九州などに分布する。
「アリモドキ」とは、姿が蟻に似ている、という意味だが、果たして蟻に見えるのかどうか…。実際に見ると、蟻に見えなくもない。

ヒラタムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME