あおもり昆虫記

クロチビオオキノコ

クロチビオオキノコ(オオキノコムシ科)青森市、7月上旬
青森市南部郊外の朽木で見つけた。全身黒づくめのチビオオキノコ。
全国に普通。3−4mmと小さいのに「オオキノコ」とは矛盾している。
これはこのグループの代表種オオキノコムシが約35mmと例外的に大きかったのにもかかわらず、代表種ということで「オオキノコ」というグループ名をつけたため起こった矛盾。このため、“小さいオオキノコ”の仲間には“チビオオキノコ”という矛盾極まりない名をつけなければならないハメに陥った。

ヒラタムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME