あおもり昆虫記

キイロゲンセイ

キイロゲンセイ(ツチハンミョウ科)青森市、8月中旬
青森市の郊外で灯火採集をしたら飛来した。一見、ジョウカイボンのようにおもえるが、ツチハンミョウの仲間。
幼虫はハナバチ類の巣に寄生する。この虫は、カンタリジンという毒を持ち、虫の体液が人の皮膚につくと水ぶくれができ、痛みを感じるという。
ー般的には珍しい種で、灯火に集まる。

ヒラタムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME