あおもり昆虫記

モンキナガクチキムシ

モンキナガクチキムシ(キノコムシダマシ科)青森市、9月上旬
青森市東部の野内川上流で灯火採集をしたらやってきた。全身黒づくめだが、左右の上羽が合わさった小さな部分(小楯板という)だけに、黄色あるいは金色の短毛が生えており、これが名のモンキ(紋黄)の由来だろう。
写真では、この黄紋がはっきり見えないのが残念だが、ぼんやりとは見える。成虫は、サルノコシカケの仲間のカワラタケなどに多く見られる。
日本各地に分布、青森県でも普通種。

ヒラタムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME