あおもり昆虫記

ミツモンセマルヒラタムシ

ミツモンセマルヒラタムシ(ホソヒラタムシ科)青森市、7月下旬
津軽半島の背骨・中山山脈の魔ノ岳中腹で灯火採集をしたら多数やってきた。体長が2−3ミリと非常に小さい。
写真のように上羽の中央あたりに3つの黒紋があるが、この黒紋が消失している個体も多いという。日本各地に分布、青森県では普通種。

ヒラタムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME