あおもり昆虫記

コマルキマワリ

コマルキマワリ(ゴミムシダマシ科)五戸町=旧倉石村、7月中旬
旧倉石村の、山間の農村集落で灯火採集をしたら飛来した。
キマワリの仲間としては、体長が8ミリ前後と小さい。本州、四国、九州に普通に分布する。

ヒラタムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME