あおもり昆虫記

マガタマハンミョウ

>>昆虫記はこちら
マガタマハンミョウ(ハンミョウ科)平賀町、5月上旬
はねの紋が勾玉(まがたま)の形に似るため、この名がついた。林内などに見られる。
本州では雪の多い日本海側のブナ林地帯に多いという。ハンミョウの仲間は、活発に飛ぶことが知られるが、このマガタマハンミョウは、なぜか後ろばねが退化しているので飛ぶことができない。

ハンミョウの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME