あおもり昆虫記

オオヒラタシデムシ

>>昆虫記はこちら
>>生きているオオヒラタシデムシの写真はこちら
オオヒラタシデムシ(シデムシ科)青森市、9月中旬
里から山地にかけて広く分布する。シデムシの仲間の中では、最も普通に見られる。
体がへらべったいのが特徴。動物が死ぬと、たちまちやってきて、死体に群がる。
幼虫は、ワラジムシ型もしくは三葉虫型で、貪欲に動物の死体を食べ、土に返るのを促進している。

ハネカクシ・シデムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME