あおもり昆虫記

Eusphalerum towadaense Watanabe

Eusphalerum towadaense Watanabe(ハネカクシ科)青森市、5月上旬
春、郊外のフキノトウの花上に、多数見られる。写真のフキノトウの花と比べると、いかに小さいかが分かる。
この、ゴマより小さい虫が、それこそ、ゴマを散らしたように花上に群がっている。普通種だが、新種として記載されたのは1990年のことで新しい。
新種記載のタイプ標本は「青森県のtowada」となっており、青森県ゆかりの昆虫だ。和名はまだついていない。

ハネカクシ・シデムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME