あおもり昆虫記

イネクビボソハムシ

イネクビボソハムシ(ハムシ科)つがる市、8月上旬
湿原の近くで灯火採集をしたら飛来した。水稲の害虫として知られる。
イネクビボソハムシという正式な和名より「ドロオイムシ」という俗名の方が、通りがよいだろう。これは、糞をまとっている幼虫の姿を“泥を背負っている”姿に見立てたもので、幼虫が外敵から身を守る“知恵”なのだろう。
寒地害虫の代表選手で、中部地方から北に多いが、最近は南下しているらしい。

ハムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME