あおもり昆虫記

セモンジンガサハムシ

セモンジンガサハムシ(ハムシ科)東通村、6月上旬
サクラ、リンゴ、ナシなどの葉を食べる。
葉の裏に産卵、親はその後卵をパラフィン状の分泌液で覆い、その上に糞をかぶせ敵の目をごまかす。
幼虫は、自分の脱皮殻や糞をかぶって身をカムフラージュする。

ハムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME