あおもり昆虫記

カメノコハムシ

>>昆虫記はこちら
カメノコハムシ(ハムシ科)今別町、7月下旬
アカザ類の葉の上でよく見られる。写真のように、集団で、葉をぼろぼろになるまで食べる。
幼虫の行動がユニークだ。幼虫は、尾端の毛に自分の脱皮殻や糞を付けながら行動するる習性がある。
まるでシャチホコのように見える。これも生きていくうえでの何らかの“知恵”なのだろう。

ハムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME