あおもり昆虫記

アカイロマルノミハムシ

アカイロマルノミハムシ(ハムシ科)青森市、5月下旬
体長3.5mmくらいの非常に小さいハムシだが、あやしいまでに赤い色をしているため、非常によく目立つ。里山や、林道脇の葉の上などにいるが、遠くからでもすぐ分かる。
この虫を見れば、胸がすこし高鳴る。それほど、独特な雰囲気を漂わせている。
食草はアザミ類。

ハムシの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME